診療案内|矯正歯科

矯正歯科

矯正とは、歯並びが悪い人や噛み合わせが悪い人などを、正しく、見た目も美しく歯並びや噛み合わせを治していくものです。
治療計画を決める際に、それぞれの歯のレントゲン写真、口全体のレントゲン写真、様々な角度からの口の中の写真撮影、歯型どりなどを行います。
とりわけ頭部X線規格写真(セファログラム)を撮影することにより、絶対的かつ定量的に歯を正確な位置に移動できます。
当院には、経験豊富な矯正専門の歯科医師が常勤しております。
ご安心してご相談下さい。

矯正科の治療内容

★ブラケット矯正
歯に「ブラケット」という装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていくスタンダードな矯正法です。
★部分矯正(2~3本)
出っ歯やすきっ歯など、審美的に気になる部分だけを歯列矯正する方法です。
★リンガルアーチ
上の歯の内側にワイヤーを通し、前歯の歪みを矯正します。

矯正治療を始めるのは何歳ごろ?

治療時系列

歯並びの乱れが成長期に著しく認められる場合は、すぐにご相談下さい。特に歯の生え変わりや歯並びの状態により適した時期があります。

受け口の場合は早期治療が必要ですので、早い目にご相談される方がよいでしょう。
また成長期以降の年齢でも、治療には特に年齢の上限はありません。始める時期により、最も患者さんに適した治療をさせて頂きます。

治療時間・時期

すべて永久歯に生え変わっている場合には、数本の歯を部分的に治すのに数ヶ月、全体的に治すのに1~2年ほどかけます。
時には、成長が止まるまでの期間の管理が必要な場合もあります。患者さんのお口の状態により異なりますが、通院は通常月1回です。
歯並びが治ったあとは、年に1、2回定期健診をしてメンテナンスをします。
1回の治療時間は、大半が30分以内ですが、治療の内容により、30分から2時間程度必要なときが数回あります。

矯正治療で使用する器具

永久歯の歯の表面に「ブラケット」を取り付けて治療します。
プラケットは、透明なプラスチックやセラミック(白い陶器)でできているため装置が目立ちません。
歯の裏側(舌側)にブラケットを取り付けて全く見えないように治療することもできます。
金属製ブラケットほどの耐久性はありませんが、通常の使用には問題ありません。
現在矯正治療の主流な装置として、小児矯正歯科でも使われています。

その他、出っ歯、受け口の治療では、F.K.O(エフカーオー)、チンキャップ、フェイスマスク、ヘッドギアーといった装置を用いる事が多いです。

治療症例